三重県で口コミ評判が高いおすすめの葬儀社・斎場15社比較!

葬儀ができない日がある?知っておきたい葬式と六曜の関係性について

公開日:2024/02/15  最終更新日:2023/08/29


葬儀のとりおこないには、日によって様々な考慮が必要です。日本の伝統的な六曜もその一つです。本記事では、葬式と六曜の密接な関係性について探求し、大切な人を送る際の適切な日選びのポイントを解説します。六曜の影響を理解することで、故人への敬意と気配りをより深めましょう。

葬式ができない日がある?

葬式をおこなう際には、日付の選定も一つの重要な要素となります。実は、日本の伝統的な暦である「六曜」によって、葬式の日付が影響を受けることがあるのをご存知でしょうか。

六曜は、日本の伝統的な暦法で、1日を「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の6つの曜日に分類します。これらの曜日にはそれぞれ吉凶が関連付けられており、人々は日常生活や行事の計画を立てる際に六曜を参考にします。

葬儀も例外ではありません。注意が必要なのは「仏滅」と呼ばれる日です。仏滅は、仏教の教えに従って、儀式や祈り、祭事をおこなわない日とされています。

そのため、葬儀も仏滅の日には避けられることがあります。仏滅の日は逆に「仏滅厄日」とも呼ばれ、災いが多いとされています。このため、葬儀をおこなうことで逆に故人に対して不運を招く可能性があるとされ、避ける傾向があります。葬儀の日付選定においては、六曜だけでなく、故人の宗教や家族の信仰、遺族の都合なども考慮されます。

しかし、六曜が持つ伝統的な意味合いは、今もなお多くの人々に影響を与えています。大切な人を見送る際、その人の人生と敬意を考えながら、葬式の日付を選ぶことは、遺族や参列者にとって心に残る重要な意味を持つのです。

結論として、葬式ができない日があるのは、六曜の中でもとくに「仏滅」の日です。六曜の影響は日本の文化や伝統に深く根ざしており、葬式を含む様々な行事に影響を与えています。

葬式の日程を決める際に重要な六曜とは

上記でも紹介した「六曜」ですが、この六曜が葬儀の日程選定にどのような影響を及ぼすのかを解説していきましょう。先勝や大安は良い日とされ、結婚式や新たな始まりに適しています。これに対して、仏滅や先負は凶とされ、祈りや祭りをおこなわない日とされています。

とくに葬儀の日程を決定する際、六曜の中でも「大安」が選ばれることが多いです。大安は安定した吉日とされ、故人の魂が安らかに旅立つことを願う意味合いが込められています。

また、葬儀の日程選定においては、六曜だけでなく、故人の信仰や宗教、家族の都合も考慮されます。ただし、六曜の影響は決して無視できない要素です。遺族は故人への最後のお別れを深く考えながら、適切な日を選ぶことが求められます。

最終的な決定は個々の価値観や信念に基づいておこなわれるべきですが、六曜を通じて日本の伝統的な意味合いを理解することで、故人への敬意を更に深めることができるでしょう。葬儀の日程選定は、ただの日付選びではなく、愛と感謝の気持ちが込められた大切な行動なのです。

葬式の日程を決める際の注意点とは?

大切な人を亡くした際、その最後の別れを大切な思い出として残すためにも、葬儀の日程選びは重要です。日本の伝統的な文化や宗教、さらには六曜などの要素が影響を与える中、葬式の日程を決める際の注意点を見てみましょう。

六曜の考慮

日本の伝統的な暦法である六曜は、吉凶や運気を表す指標として古くから使われています。葬儀の日程選びにおいては、六曜を参考にすることがあります。とくに「大安」は良い日とされ、故人の魂が安らかに旅立つことを願う際に選ばれることが多いです。ただし、「仏滅」は祈りや祭りをおこなわない日とされており、葬儀には適していないとされています。

宗教や信仰の考慮

故人や遺族の宗教や信仰も、葬儀の日程選びに影響を与える重要な要素です。仏教やキリスト教など、宗教によっては特定の日や期間を避けることがあるため、それを尊重しながら日程を決定することが大切です。

家族や参列者の都合

葬儀には多くの参列者が関わります。遠方からの参加や都合のつかない日も考慮しながら、多くの人が参列しやすい日を選ぶことが求められます。とくに親しい人々の声を尊重することで、故人への最後の敬意を示すことができます。

季節や天候

葬儀がおこなわれる季節や天候も考慮すべきポイントです。冬の寒さや夏の暑さなど、参列者の快適さも考えながら、適切な季節を選ぶことが大切です。

予約の手続き

葬儀場や斎場の予約も早めにおこなう必要があります。とくに人気の斎場や会場は予約が埋まってしまうこともあるため、日程を決めた後は迅速に手続きを進めましょう。

最終的に、葬式の日程を決める際には、六曜や宗教、家族の意向、季節などをバランスよく考慮することが大切です。故人への感謝と敬意を示すためにも、慎重に検討し、最適な日を選ぶことが求められます。家族や友人との協力と意見交換を通じて、心に残る葬儀をおこなうことができるでしょう。

まとめ

葬儀の日程を決める際には、六曜が重要な要素となります。日本の伝統的な暦法である六曜は、吉凶や運気を示す指標として用いられ、とくに「大安」が良い日とされています。しかし、「仏滅」は祭りや儀式を避ける日であり、葬儀には不向きです。

また、宗教や家族の信仰、参列者の都合、季節や天候なども葬式の日程選定に影響を与える要素です。バランスを保ちつつ、故人への敬意を大切にしながら最適な日を選ぶことが求められます。葬儀の日程決定は慎重な検討と家族の協力を通じて、感謝と尊重の気持ちを表す大切な行動となるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

葬儀においての平服とはどのような服か知っていますか?喪服には略式の「平服」や厳粛な「喪服」など種類があり、その選び方には心構えが求められます。大切な故人に最後のお別れを告げる際、適切な服装は
続きを読む
遺影にふさわしい写真を見つけるのは時に難しい場合もあります。そこでこの記事では、故人の個性や思い出を引き立てる写真選びのポイントをご紹介。また、遺影に使える写真がないときの対処法や遺影の選び
続きを読む
葬儀のとりおこないには、日によって様々な考慮が必要です。日本の伝統的な六曜もその一つです。本記事では、葬式と六曜の密接な関係性について探求し、大切な人を送る際の適切な日選びのポイントを解説し
続きを読む
葬儀関連コラム