三重県で口コミ評判が高いおすすめの葬儀社・斎場15社比較!

亀山市でおすすめの葬儀社3選

公開日:2021/09/01  最終更新日:2024/01/24


三重県亀山市で葬儀社を探すと、検索エンジンだけでも6社~11社がヒットします。果たして、本当によい葬儀社は一体、どこなのでしょうか?この記事では亀山市の葬儀会社の中で、とくにおすすめの会社を3社ご紹介します。三重県亀山市。またはその近郊で葬儀社をお探しの方は、ぜひ参考にしてください。

きくや葬祭

住所 〒519-0166 三重県亀山市布気町424-7
TEL 0120-304-277
家族葬 275,000円~
火葬式 165,000円~
代表者 記載なし
創業 記載なし
資本金 記載なし
事業内容 記載なし
対応宗教、宗派 記載なし
MAP

亀山市でおすすめの葬儀社1社目は、きくや葬祭です。故人1人ひとりに合わせたオリジナルの祭壇や、分割払いに対応している点などが高い評価を受けています。まずは、きくや葬祭の特徴について、見ていきましょう。

■最安99,000円~プランをご用意

きくや葬祭では、全部で6種類のプラン設けています。一番安いのが直葬プランで、なんと一桁の99,000円~利用が可能です。10名までの小規模な葬儀ですが、お棺やドライアイスをはじめ、納骨箱もセットで付いてきます。また、スタッフも1名同行するので、安心です。また、同じ30名規模の家族葬を執り行う場合も、従来の葬儀社より最大で約50万円安くなります。お迎えから葬儀完了まですべて自社で対応するため、安く抑えることが可能なのです。

■お得なメモリアル会員制度あり

きくや葬祭では、お得なメモリアル会員制度を設けています。必要なのは入会金のみで、積立金・年会費などは一切ありません。葬儀会場となる会館料、そして火葬の予約手続きが無料となるサービスを受けられます。また、香典返しは最大52%OFF、そして葬儀の基本料金は一般価格より最大で25%OFFになる割引サービスも適用されるのです。

■地域に貢献する催し物も開催

きくや葬祭では、亀山市という地域に貢献する催し物も開催しています、たとえば令和2年度には、亀山市の戦没者追悼式における祭壇づくりに着手。そして、令和3年度には地域の若手僧侶たちによる定期法話&座談会が開かれ、きくや会館の貸し出しと協賛を買って出ました。この他にも、初盆飾りの展示や販売を行い、地域を陰ながらサポートしています。

株式会社さかきや葬祭

住所 〒519-0125 亀山市東町1-6-6
TEL 0120-020-254
代表者 記載なし
創業 記載なし
資本金 記載なし
事業内容 記載なし
対応宗教、宗派 記載なし
MAP

亀山市でおすすめの葬儀社2社目は、株式会社さかきや葬祭です。亀山市の斎場での葬儀をはじめ、家族葬や社葬まで幅広く手がけています。「お客様の笑顔を増やしたい」という願いを持つ株式会社さかきや葬祭には、どのような特徴があるのでしょうか?

■旅立ちの儀式「ゆかん」

通夜・告別式だけでなく、湯灌も行っているのが株式会社さかきや葬祭の大きな特徴です。故人の暮らしていた自宅までスタッフが伺い、入浴から髭剃り、白装束への着替え、化粧、納棺まで行います。なお、ご遺体を自宅で安置できないご家庭の場合は、病院まで寝台車で迎えに来て直接会館へ搬送し、湯灌や納棺などを行うことが可能です。

■お得な「しらゆりの会」あり

株式会社さかきや葬祭では、「しらゆりの会」をご用意。年会費や掛け金は不要なので、負担も少なめです。特典としてはまず、葬儀代が各種セット価格から10%25%割引されます。そして霊柩車または寝台車が1台まで基本料金無料、枕花1対を葬儀の際にお供え、香典返しを購入した際は特別割引が受けられるのです。この他にも墓石の割引や、忌明けの法要時にお供えアレンジメントが届くなど、葬儀の後にも恩恵を受けられます。

斎奉閣

住所 〒519-0165 三重県亀山市野村2-1-28
TEL 0595-82-9992
家族葬 252,650円~
代表者 松嶌 康博
創業 昭和33年11月
資本金 8,000万円
事業内容 互助会、結婚式場・葬祭式場の運営、結婚サポート事業、介護ならびに介護予防事業、生活支援サービス、貸衣裳、写真撮影、墓地墓石の販売
対応宗教、宗派 在来仏教 / 神道(神葬祭) / キリスト教 / 創価学会(友人葬) / 無宗教
MAP

亀山市限定プラン

亀山市プラン1の画像

亀山市でおすすめの葬儀社3社目は、斎奉閣です。充実した設備を持ち、かつ遺族に寄り添うスタイルのサービスで、通夜・告別式・法要まで利用できます。斎奉閣の持つ魅力について、見ていきましょう。

■県内に22会館を所有

なんと、三重県内に22か所もの会館を所有しています。そのため、万が一近所の会館が空いていなくても、近隣の式場を案内してもらえます。地域に密着した葬儀がいつでも執り行える、そんな体制を整えています。また、60年以上の歴史があり、安定した経営基盤を持つ老舗企業です。

■葬祭ディレクターが在籍

斎奉閣には、葬祭ディレクター(厚生労働省認定による「葬祭ディレクター技能審査制度」)の有資格者が、50名以上在籍しています。また、定期的に外部講師による社員研修を行い、サービスレベルの向上に日々努めています。そのため、ご遺族1人ひとりの悲しみや不安に寄り添い、かつ満足できる葬儀サービスを受けることが可能です。

■互助会制度で負担を軽減

一生に一度のことといっても、葬儀にかかる費用は決して安いものではありません。そこで斎奉閣では、「ふれあい倶楽部」という名で互助会を設置しています。事前に少しずつ積み立てておくことで、もしものことがあっても負担は少なめ!なおかつ、会員割引も適用されるので、積立分の負担も軽減されるメリットがあります。

葬儀社を選ぶポイント

葬儀のタイミングは、時として突然やってくるものです。大抵の場合、葬儀社に依頼して準備を進めるでしょう。数多くの葬儀社がありますが、慌てて選んでしまうと心残りがある葬儀になりかねません。

しかし、いざというときに冷静に判断するのはなかなか大変なものです。そこで、今回は葬儀社を選ぶ際のポイントをご紹介します。

葬儀プランと費用が具体的に示される

葬儀費用はプランによって違いますが、プラン内に含まれていているものは何か、どの程度の追加料金でどこがグレードアップするのか、明確にしておきましょう。

大体の見積もりで内容を確認しないと、予想外の追加料金で費用が高くなることもあります。時間がないなかでの契約となる場合が多いと思いますが、担当者の言われるままに契約を交わすのはやめ、きちんと具体的な内容まで確認するようにしましょう。

もし追加が発生する場合には、納得がいく十分な説明を受けるようにしてください。契約を急かすような葬儀社は避けるべきです。

スタッフが信頼できる

「気持ちに寄り添ってくれるスタッフだな」と故人の家族が感じられるような葬儀社に依頼しましょう。葬儀の準備から当日まで、関わる時間が長く色々な対応をしてもらうことになるからです。

悲しんでいる故人の家族に対し、高圧的な態度をとるようなスタッフがいる葬儀社は避けた方がいいでしょう。葬儀に関する疑問や心配事について、親身になって解決してくれるスタッフに出会えるなら、それが一番望ましいです。

支払方法が様々で、期日に余裕がある

葬儀の準備に限らず、葬儀後もさまざまな手続きに追われ、何かと忙しくなりがちです。以前は、葬儀が終わったらすぐに現金精算を行うのが通例だったようですが、現在は支払い方法が選べる葬儀社も増えており、分割やローンを選べることもあります。

また、支払いの期日も葬儀終了から一定の期間待ってもらえることも多いです。可能であれば、都合のいい方法で支払えて、期日にゆとりがある葬儀社を選ぶといいでしょう。

まとめ

葬儀社を選ぶポイントをご紹介しました。悲しみのなかでも慌ただしく決めなければならない葬儀について、できるだけ満足いく葬儀を行って故人を送り出してあげたいものです。

忙しいなかでも冷静になり、葬儀プランと含まれている内容を確認し、支払い方法と期日も合わせて確認してください。加えてスタッフの対応が気持ちに寄り添ってくれているか、疑問にわかりやすく答えてくれるかも大切です。

満足いく葬儀を行うためにも、この3点を大切に葬儀社選びを進めましょう。

亀山市でおすすめの葬儀社、3選をご紹介させていただきました。いずれの葬儀社もお得な特典が利用できる会員制度、または事前に積立のできる互助会を設けており、良心的な料金体系が魅力です。また、地域密着型につき地元の催し物に積極的に参加したり、複数の会館を持っていたりする点なども見逃せません。これから亀山市やその近郊で葬儀を検討の際は、ぜひ比較・検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

葬儀のとりおこないには、日によって様々な考慮が必要です。日本の伝統的な六曜もその一つです。本記事では、葬式と六曜の密接な関係性について探求し、大切な人を送る際の適切な日選びのポイントを解説し
続きを読む
大切な方の最後の送りは、適切な日程でおこなうことが重要です。通夜・葬儀のスケジュールを適切に組むことで、故人への敬意を示し、家族や友人にとっても心の準備が可能となります。この記事では、葬儀の
続きを読む
最近では、葬儀の規模を縮小した家族葬・一日葬などを選択する人が増えています。一日葬を選択する人は、メリット・デメリットをしっかりと理解したうえで検討しましょう。今回は、一日葬の概要や流れ、メ
続きを読む
葬儀関連コラム