三重県で口コミ評判が高いおすすめの葬儀社・斎場15社比較!

津市でおすすめの葬儀社3選

公開日:2021/09/15  最終更新日:2024/01/24


三重県の県庁所在地である津市にはさまざまな葬儀社が点在しています。葬儀は故人の安らかな眠りを祈るための大切な儀式となるため、それを執り行う葬儀社となればしっかりと吟味して選びたいですよね。そこで、今回は津市内でおすすめの葬儀社を3選ご紹介していきます。津市内で葬儀社を探しているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

株式会社ベルコ

住所 「四日市支社」〒510-0034 三重県四日市市滝川町11-16
TEL 059-330-6260
費用 240,000円〜
代表者 齋藤 斎
創業 昭和44年4月3日
資本金 記載なし
事業内容 冠婚葬祭互助会
対応宗教、宗派 記載なし
MAP

「株式会社ベルコ」は昭和44年に創業して以来、多くの方々の最後の別れをお手伝いしてきた葬儀社です。現在では年間4万件もの葬儀にベルコが携わっていますが、そのすべてが唯一無二の「お葬式」であるよう、葬儀に関わるすべてのサポートを行っています。

■故人らしさ・遺族の想いに親身に寄り添うお葬式

ベルコでは故人が生前に好きだった食事や趣味など、さまざまな「故人らしさ」をお葬式の場の中で表現することを何よりも大切に考えています。遺族と共に故人との別れの時を忘れられない思い出の時間になるよう、心を込めて精一杯サポートします。

■明朗会計で詳細な見積もりを提示

葬儀にかかる費用のすべてを詳細に見積もりし、祭壇や返礼品などを遺族と一つ一つ確認していきます。そのため、確認していない追加費用が新たに発生する心配が一切ありません。大切な人が亡くなってしまい、心が落ち着かない中での金銭のやり取りに不安を抱える方も多いかと思われますが、ベルコでは明朗会計を大切にしているので安心して任せることができます。

■葬儀についての相談の場を設けてくれる

お葬式を執り行うにあたって、ベルコでは費用などを含めて遺族としっかりと話し合うため、長時間の打ち合わせの場を設けています。お葬式が初めてで不安なことがたくさんあるという方であっても、この機会にしっかりと相談できるので安心です。

ティア津(株式会社ティア)

住所 〒514-0817 三重県津市高茶屋小森町248
TEL 059-235-0100
家族葬 330,000円〜
一般葬 330,000円〜
火葬式 209,000円〜
代表者 冨安 徳久
創業 1997年7月
資本金 18億92百万円
事業内容 葬儀施行全般や各種法要の請負
対応宗教、宗派 記載なし
MAP

「ティア津(株式会社ティア)」は1997年創業の葬儀社です。ティアでは創業以来、故人・遺族の立場に立った一人ひとりの想いに寄り添う「心のサービス」を大切にしており、年間16,000の葬儀に携わってきました。

■あらゆる葬儀に対応

ティアでは、遺族の希望や予算に合わせて柔軟に対応しています。葬儀専門会社ならではの実績とノウハウにより、家族葬・一般葬・社葬など規模や葬儀形態を問わずあらゆる儀式を執り行うことが可能です。また、神式やキリスト教式など、あらゆる宗教の葬儀をもちろんのこと、特定の宗教や宗派にとらわれない無宗教葬にも対応しています。

■一人ひとりの想いに寄り添った「世界でたった一つの葬儀」

人生を終えられた大切な方との最後のお別れの場となるたった一度しかない葬儀に対し、ティアでは故人の想いを汲み取り、遺族の想いに寄り添うことを心がけています。そのため、ティアでは遺族とのコミュニケーションを何よりも大切にしています。個人の生前の趣味や人柄、大切にしていた時間など遺族から話をうかがい、故人の最後にふさわしい心に刻まれる葬儀を提案します。

■事前の相談から葬儀後までを包括的にサポート

葬儀についての疑問や不安を解消し、どんな時でも遺族をしっかりとサポートできるよう、ティアでは24時間365日体制で専門知識のあるスタッフが待機しているので安心です。ティアでは「葬儀にいくらかかるのか事前に知っておきたい」といった生前見積もりなど葬儀を行う事前の相談にも対応しています。また、「遺品はどう整理すればいいのだろう?」「仏壇・位牌は、どれを選べばいいの?」といった葬儀後の疑問についても専門スタッフがしっかりとフォローします。

斎奉閣

住所 〒510-0303 三重県津市河芸町東千里200-1
TEL 059-245-9999
代表者 松嶌 康博
創業 昭和33年11月
資本金 8,000万円
事業内容 互助会、結婚式場・葬祭式場の運営、結婚サポート事業、介護ならびに介護予防事業、生活支援サービス、貸衣裳、写真撮影、墓地墓石の販売
対応宗教、宗派 在来仏教 / 神道(神葬祭) / キリスト教 / 創価学会(友人葬) / 無宗教
MAP

津市限定プラン

津市プラン1の画像

株式会社三重平安閣が運営する葬儀場「斎奉閣」は、三重県下に22会館を展開しており、地域に根差しながら多くの方々の葬儀をサポートしています。

■葬祭ディレクターによる葬儀

初めて葬儀を行うという方は、大切な人がなくなってしまったという悲しみや不安など、ストレスによる負担が大きいかと思われます。斎奉閣では、厚生労働省認定によるプロの葬祭ディレクターが50名以上在籍しており、遺族の負担を軽減しながらおもてなしの心を添えて葬儀をサポートしてくれます。

■お葬式で振る舞う料理へのこだわり

斎奉閣では、式場で親族やお世話になった方々へ振る舞う料理にもこだわっています。料理を囲み、故人を偲びながら思い出の時間を語らうひと時をよりよいものとするべく、感謝と真心を込めた料理でおもてなしをします。

■当日の香典返しに対応

日本では、古くより四十九日前後に喪主が香典返しを行うという風習がありますが、近年では通夜・葬儀当日に返礼品と一緒に渡す「即日返し」が増えてきました。斎奉閣では、喪家から参列された方々へ感謝や礼節を表す気持ちを大切にしつつ、喪家の葬儀後の負担や疲労を軽減できるシステムを提案しています。

葬儀社を選ぶポイント

葬儀のタイミングは、時として突然やってくるものです。大抵の場合、葬儀社に依頼して準備を進めるでしょう。数多くの葬儀社がありますが、慌てて選んでしまうと心残りがある葬儀になりかねません。

しかし、いざというときに冷静に判断するのはなかなか大変なものです。そこで、今回は葬儀社を選ぶ際のポイントをご紹介します。

葬儀プランと費用が具体的に示される

葬儀費用はプランによって違いますが、プラン内に含まれていているものは何か、どの程度の追加料金でどこがグレードアップするのか、明確にしておきましょう。

大体の見積もりで内容を確認しないと、予想外の追加料金で費用が高くなることもあります。時間がないなかでの契約となる場合が多いと思いますが、担当者の言われるままに契約を交わすのはやめ、きちんと具体的な内容まで確認するようにしましょう。

もし追加が発生する場合には、納得がいく十分な説明を受けるようにしてください。契約を急かすような葬儀社は避けるべきです。

スタッフが信頼できる

「気持ちに寄り添ってくれるスタッフだな」と故人の家族が感じられるような葬儀社に依頼しましょう。葬儀の準備から当日まで、関わる時間が長く色々な対応をしてもらうことになるからです。

悲しんでいる故人の家族に対し、高圧的な態度をとるようなスタッフがいる葬儀社は避けた方がいいでしょう。葬儀に関する疑問や心配事について、親身になって解決してくれるスタッフに出会えるなら、それが一番望ましいです。

支払方法が様々で、期日に余裕がある

葬儀の準備に限らず、葬儀後もさまざまな手続きに追われ、何かと忙しくなりがちです。以前は、葬儀が終わったらすぐに現金精算を行うのが通例だったようですが、現在は支払い方法が選べる葬儀社も増えており、分割やローンを選べることもあります。

また、支払いの期日も葬儀終了から一定の期間待ってもらえることも多いです。可能であれば、都合のいい方法で支払えて、期日にゆとりがある葬儀社を選ぶといいでしょう。

まとめ

葬儀社を選ぶポイントをご紹介しました。悲しみのなかでも慌ただしく決めなければならない葬儀について、できるだけ満足いく葬儀を行って故人を送り出してあげたいものです。

忙しいなかでも冷静になり、葬儀プランと含まれている内容を確認し、支払い方法と期日も合わせて確認してください。加えてスタッフの対応が気持ちに寄り添ってくれているか、疑問にわかりやすく答えてくれるかも大切です。

満足いく葬儀を行うためにも、この3点を大切に葬儀社選びを進めましょう。

この記事では、津市内でおすすめの葬儀社の特徴についてご紹介していきました。故人との最後のお別れをよりよいものとするためにも、しっかりとした葬儀社を選ぶことは非常に重要となります。ぜひ、この記事を参考に大切な方の葬儀を任せられる葬儀社を探してみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

葬儀のとりおこないには、日によって様々な考慮が必要です。日本の伝統的な六曜もその一つです。本記事では、葬式と六曜の密接な関係性について探求し、大切な人を送る際の適切な日選びのポイントを解説し
続きを読む
大切な方の最後の送りは、適切な日程でおこなうことが重要です。通夜・葬儀のスケジュールを適切に組むことで、故人への敬意を示し、家族や友人にとっても心の準備が可能となります。この記事では、葬儀の
続きを読む
最近では、葬儀の規模を縮小した家族葬・一日葬などを選択する人が増えています。一日葬を選択する人は、メリット・デメリットをしっかりと理解したうえで検討しましょう。今回は、一日葬の概要や流れ、メ
続きを読む
葬儀関連コラム