三重県で口コミ評判が高いおすすめの葬儀社・斎場15社比較!

一日葬とはどういうもの?葬儀の流れやメリット・デメリットを解説!

公開日:2023/09/15  

?

最近では、葬儀の規模を縮小した家族葬・一日葬などを選択する人が増えています。一日葬を選択する人は、メリット・デメリットをしっかりと理解したうえで検討しましょう。今回は、一日葬の概要や流れ、メリット・デメリットなどを詳しく解説します。葬儀スタイルに悩んでいる人、一日葬を検討している人は、今回の記事をぜひ参考にしてください。

一日葬とは

そもそも一日葬とは、告別式・火葬のみの葬儀を指します。

一般的な葬儀の流れでは、お通夜の翌日に告別式・火葬を行います。

しかし、一日葬ではお通夜を行わず、告別式・火葬を1日で行うのが特徴です。家族葬のように参列者が制限されることもなく、親族の負担を考えてもメリットが大きいため、最近では一日葬を選択する人も増えています。

一日葬の全貌を解説!葬儀の流れとは

一日葬は通常の葬儀とは流れが異なるため、事前に詳しい流れを把握しておくことが重要です。

基本的には通常の葬儀からお通夜がなくなる以外に特別なことはありませんが、スムーズに葬儀を進めるためにもぜひ確認しておきましょう。ここでは、一日葬を行う際の流れについて詳しく解説します。

(1)逝去・安置

病院・施設などで死亡が確認されたら、まずは故人を安置場所へと搬送します。

安置場所は遺族の希望で決められ、葬儀社や専用の安置施設、自宅などから選択可能です。遺体は時間が経つにつれて特有の変化・症状が現れるため、専門の納棺士が適切な処置を施します。

(2)葬儀社との打ち合わせ

安置を終えたら葬儀社との打ち合わせに移ります。

打ち合わせで決める項目は、葬儀のスタイルや日取り、予算、会場などです。一日葬を希望する場合は打ち合わせの際にその旨を伝えましょう。

(3)納棺

納棺とは、故人の身なりをきれいに整えてお棺に移すことを指します。

納棺の際に湯灌・死化粧・死装束をしてお棺に納めることを「納棺の儀」と呼びます。

お棺の中には生前故人が好きだったものや趣味に関連するもの、いつも身につけていたものなどを一緒に入れることが可能であるため、お棺に入れたいものがある場合は葬儀社のスタッフに相談してみてください。

(4)葬儀・告別式

納棺を終えたら葬儀・告別式に移ります。

先述の通り、一日葬ではお通夜は省略となるため、葬儀・告別式と火葬を1日で行って葬送を終えます。式の内容は遺族の希望に合わせて決められますが、通常の葬儀と大きく内容が異なるわけではなく、僧侶による読経などを行うのが一般的です。式後は花入れを経て出棺します。

(5)火葬

葬儀・告別式を終えたらそのまま火葬場に向かいます。

僧侶がいる場合には、読経後に焼香してから火葬へと移るのが通常です。火葬後の骨上げ、散会後は精進落としとして親族で会食を行うことが多いですが、一日葬の場合は精進落としを省略することも少なくありません。

一日葬のメリット・デメリット

一日葬にはさまざまなメリットがある一方で、デメリットも存在します。

一日葬を検討している人は、メリット・デメリットの両方をしっかりと押さえたうえで契約しましょう。以下では、一日葬のメリット・デメリットについて詳しく解説します。

一日葬のメリット

一日葬ではお通夜を行わずに1日で葬儀・告別式・火葬を終えるため、親族の準備にかかる負担を軽減することが可能です。

お通夜にかける手間や時間がなくなる分、親族だけで故人とゆっくりお別れする時間を取れるのもメリットのひとつです。

また、遠方に住む親戚が葬儀に参加する際、一日葬であれば日帰りで参加できるのもうれしいポイントとなります。会葬礼品・食事などの用意も簡単であり、通常の葬儀と比較すると遺族がストレスを感じにくい点が大きな魅力です。

◾️一日葬のデメリット

一日葬のデメリットは、お通夜がないことで参列者が限られてしまう点です。

基本的に一日葬の告別式はお昼頃にスタートとなることから、仕事で葬儀に参加できないという人も増えるでしょう。もっとも親しい友人や恩師など、親族以外にも特別な参列者がいる場合には、事前に日程や時間を伝えておくようにしましょう。

最近では告別式を夕方頃から始める一日葬のプランも増えているため、参列者の都合に合わせてプランを選択するのもひとつの手です。

また、一日葬は通常の葬儀と比較すると費用を抑えられるケースが多い一方で、葬儀社によっては遺体を前日に搬入することを理由に、通常通り2日分の会場費を請求される場合もあります。見積もりの際にしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

今回は、一日葬の概要や詳しい流れに加え、一日葬を行うことのメリット・デメリットなどを解説しました。一日葬は葬儀・告別式・火葬1日で執り行う葬送方法であり、お通夜を省略しているのが特徴です。基本的にはお通夜がなくなる以外に通常の葬儀と大きく異なる点はありませんが、事前に流れを確認しておきましょう。一日葬は親族の準備にかかる手間や負担を軽くできるため、その分故人とのお別れの時間をゆっくり取れる点がメリットとして挙げられます。また、遠方に住む親戚が参列する場合には、宿泊せず日帰りで対応することも可能です。一方で、お通夜がないため参列者の人数が減ってしまうことや、葬儀社によっては通常の葬儀と費用が変わらないことなどがデメリットとして挙げられます。一日葬を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

葬儀では慎み深い印象が求められます。適切な髪型、メイク、ネイルは故人への最後の敬意であり、控えめで清潔感のあるスタイルにするべきです。喪服に合ったシンプルなアレンジや淡いメイクが優雅さを引き
続きを読む
葬儀においての平服とはどのような服か知っていますか?喪服には略式の「平服」や厳粛な「喪服」など種類があり、その選び方には心構えが求められます。大切な故人に最後のお別れを告げる際、適切な服装は
続きを読む
遺影にふさわしい写真を見つけるのは時に難しい場合もあります。そこでこの記事では、故人の個性や思い出を引き立てる写真選びのポイントをご紹介。また、遺影に使える写真がないときの対処法や遺影の選び
続きを読む