三重県で口コミ評判が高いおすすめの葬儀社・斎場15社比較!

伊賀市でおすすめの葬儀社3選

公開日:2021/11/15  最終更新日:2024/01/24

大切な人を亡くしたとき、最後に故人を思い、心穏やかに送り出せるのが葬儀です。近年、葬儀でもさまざまなスタイルがあり、葬儀社によって内容が変わってきます。故人が確かに生きた人生を表せるような葬儀にするには、葬儀社選びが非常に重要です。そこで今回は、伊賀市でおすすめの葬儀社3選をご紹介します。

斎奉閣

住所[伊賀斎奉閣] 〒518-0809 三重県伊賀市西明寺3214−1
TEL 0595-24-9999
家族葬 252,650円~
代表者 松嶌 康博
創業 昭和33年11月
資本金 8,000万円
事業内容 互助会、結婚式場・葬祭式場の運営、結婚サポート事業、介護ならびに介護予防事業、生活支援サービス、貸衣裳、写真撮影、墓地墓石の販売
対応宗教、宗派 在来仏教 / 神道(神葬祭) / キリスト教 / 創価学会(友人葬) / 無宗教
MAP

伊賀市限定プラン

伊賀市プラン1の画像
伊賀市プラン2の画像

斎奉閣は、三重県内に22会館を構える葬儀社です。創業以来60年以上の実績があり、故人もご家族の方も安心して任せられる葬儀社です。

斎奉閣には、葬祭ディレクターの資格を持つスタッフが50名以上在籍しています。数多くの経験を持ったプロが、故人やご家族のご意向に沿った、最善の葬儀を提案してくれます。

また、「ふれあい倶楽部」という互助会に事前に登録しておけば、葬儀の費用負担を減らすことが可能です。

さらに斎奉閣では、葬儀だけでなく、その後の法事や法要にも対応しています。四十九日法要など葬儀後の法要は、自宅やお寺で行うことが多いです。しかし、自宅に親族を招くことに抵抗がある方や、お寺への道が難しいという方が多くいらっしゃいます。

斎奉閣なら、冷暖房の聞いた全席椅子席の快適な空間で、さまざまな法要を行うことができ、ご家族の負担を少しでも減らすことができるのです。

斎奉閣では、家族葬から一般葬、社葬までさまざまな葬儀に対応しています。中でも近年増えている家族葬では、親族と近しい友人のみで心穏やかに故人を送り出してあげることができます。

斎奉閣で行う家族葬の費用目安として、15名までで235,000円(税込)~です。少し人数が増えて30名までになると、一般価格で619,300円(税込)~で、会員価格だと432,500円(税込)~になります。

また、斎奉閣では、故人が好きだった曲やご家族との思い出の曲を演奏する「音楽葬」というのも執り行っています。音楽葬は、故人の人柄や趣味が参列された方に伝わり、心温まる葬儀になります。実際に演奏をするので、CDを流すだけでは味わえない、温かい気持ちになれるはずです。

音楽葬の費用目安としては、ソロ(演奏者1人)の場合33,000円(税込)、デュオ(演奏者2人)の場合55,000円(税込)、トリオ(演奏者3人)の場合88,000円(税込)となります。

株式会社ベルウイング

株式会社ベルウイング 三重県伊賀市守田町7-7
TEL 0120-13-4142/0595-26-7979(代表)
家族葬 44万円~
火葬式 17万円~
代表者 岡井 謙一
創業 昭和55年
資本金 記載なし
事業内容 冠婚葬祭儀式の企画・施行、結婚式場の運営、葬祭式場の運営
対応宗教、宗派 記載なし
MAP

株式会社ベルウイングは、伊賀市内に3つの会場を構えている葬儀社です。中でも最も大きい会場の「ベルウイング会館」は、大型の社葬から一般葬、家族葬まで幅広い葬儀に対応しています。150台が収容できる大型の駐車場を完備しているので、お車で来る方でも安心です。

また、館内の設備が充実しているのも特徴です。小さいお子様がいる方でも安心の授乳室・キッズスペースや、親族の方が心穏やかに過ごせる控室や浴室が完備されています。

さらにベルウイング会館には、式場の他に法事室が完備されています。法事室では、四十九日や年忌法要、法宴などを行うことが可能です。さまざまなセッティングが可能なので、少人数から大人数まで、それぞれの法事に合わせて会場を作ってくれます。

メモリアルホール柴蘭

住所[メモリアルホール紫蘭 青山] 〒518-0227 三重県伊賀市青山羽根204-3
TEL 0595-53-1008
家族葬 660.000円
火葬式 236.500円
代表者 米田 一雄
創業 昭和20年8月
資本金 3,000万円
事業内容 仏壇仏具の販売、冠婚葬祭業など
対応宗教、宗派 記載なし
MAP

メモリアルホール紫蘭は、三重県と奈良県を中心に会場を構える葬儀社です。家族葬から一般葬、社葬まで幅広い葬儀に対応しています。

紫蘭には、会員システムがあります。事前に登録しておくことで、いざ葬儀をすることになったとき、故人も家族も後悔のない葬儀にできるでしょう。紫蘭の会員システムは、入会金や掛け金は一切必要ありません。

そして、葬儀プランを会員価格で利用できます。どんな葬儀の形でも、会員限定のプランを利用できるので安心です。

さらに紫蘭に会員登録しておくと、葬儀の際にセットプランを利用すれば会館使用料が無料になります。残された家族に少しでも負担をかけないようにと、終活として会員登録される方も多いです。

このような会員システムを設けている葬儀社は他にもあります。しかし紫蘭では、他社の互助会に入っていても、解約手数料分の利用券を発行してくれるので安心です。

また、近年、親族と近しい友人だけで個人を見送る家族葬が非常に増えてきています。とくにコロナ渦になってからは、密を避けるために家族葬を選択される方が多いです。メモリアルホール紫蘭では、家族葬のセットプランを用意しています。

家族葬セットプランでは、祭壇・門標・焼香セット・御祭段・司会式進行・遺影写真・棺・ドライアイス3回分・お別れ花・布団、洗面セット5組・受け付け、枕飾一式が含まれています。一般価格で66万円(税込)となっており、事前に紫蘭会員に登録されていた方は、会員価格で547,800円(税込)となります。

 

葬儀社を選ぶポイント

葬儀のタイミングは、時として突然やってくるものです。大抵の場合、葬儀社に依頼して準備を進めるでしょう。数多くの葬儀社がありますが、慌てて選んでしまうと心残りがある葬儀になりかねません。

しかし、いざというときに冷静に判断するのはなかなか大変なものです。そこで、今回は葬儀社を選ぶ際のポイントをご紹介します。

葬儀プランと費用が具体的に示される

葬儀費用はプランによって違いますが、プラン内に含まれていているものは何か、どの程度の追加料金でどこがグレードアップするのか、明確にしておきましょう。

大体の見積もりで内容を確認しないと、予想外の追加料金で費用が高くなることもあります。時間がないなかでの契約となる場合が多いと思いますが、担当者の言われるままに契約を交わすのはやめ、きちんと具体的な内容まで確認するようにしましょう。

もし追加が発生する場合には、納得がいく十分な説明を受けるようにしてください。契約を急かすような葬儀社は避けるべきです。

スタッフが信頼できる

「気持ちに寄り添ってくれるスタッフだな」と故人の家族が感じられるような葬儀社に依頼しましょう。葬儀の準備から当日まで、関わる時間が長く色々な対応をしてもらうことになるからです。

悲しんでいる故人の家族に対し、高圧的な態度をとるようなスタッフがいる葬儀社は避けた方がいいでしょう。葬儀に関する疑問や心配事について、親身になって解決してくれるスタッフに出会えるなら、それが一番望ましいです。

支払方法が様々で、期日に余裕がある

葬儀の準備に限らず、葬儀後もさまざまな手続きに追われ、何かと忙しくなりがちです。以前は、葬儀が終わったらすぐに現金精算を行うのが通例だったようですが、現在は支払い方法が選べる葬儀社も増えており、分割やローンを選べることもあります。

また、支払いの期日も葬儀終了から一定の期間待ってもらえることも多いです。可能であれば、都合のいい方法で支払えて、期日にゆとりがある葬儀社を選ぶといいでしょう。

まとめ

葬儀社を選ぶポイントをご紹介しました。悲しみのなかでも慌ただしく決めなければならない葬儀について、できるだけ満足いく葬儀を行って故人を送り出してあげたいものです。

忙しいなかでも冷静になり、葬儀プランと含まれている内容を確認し、支払い方法と期日も合わせて確認してください。加えてスタッフの対応が気持ちに寄り添ってくれているか、疑問にわかりやすく答えてくれるかも大切です。

満足いく葬儀を行うためにも、この3点を大切に葬儀社選びを進めましょう。

伊賀市でおすすめの葬儀社についてご紹介しました。大切な人が亡くなった後、深い悲しみに襲われてしまうでしょう。しかし、悲しむ時間もないほど、葬儀の準備で忙しくなってしまいます。どのような葬儀にしたいのか、事前に決めておいたり、葬儀社の見当をつけておいたりすると、いざというときに非常に楽になります。ぜひ今から、家族みんなが後悔しないような葬儀社を見つけてくださいね。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

葬儀のとりおこないには、日によって様々な考慮が必要です。日本の伝統的な六曜もその一つです。本記事では、葬式と六曜の密接な関係性について探求し、大切な人を送る際の適切な日選びのポイントを解説し
続きを読む
大切な方の最後の送りは、適切な日程でおこなうことが重要です。通夜・葬儀のスケジュールを適切に組むことで、故人への敬意を示し、家族や友人にとっても心の準備が可能となります。この記事では、葬儀の
続きを読む
最近では、葬儀の規模を縮小した家族葬・一日葬などを選択する人が増えています。一日葬を選択する人は、メリット・デメリットをしっかりと理解したうえで検討しましょう。今回は、一日葬の概要や流れ、メ
続きを読む
葬儀関連コラム