三重県で口コミ評判が高いおすすめの葬儀社・斎場15社比較!

遺影に使える写真がない!対処法と遺影の準備・選び方についてご紹介

公開日:2024/03/15  最終更新日:2023/08/29


遺影にふさわしい写真を見つけるのは時に難しい場合もあります。そこでこの記事では、故人の個性や思い出を引き立てる写真選びのポイントをご紹介。また、遺影に使える写真がないときの対処法や遺影の選び方についても詳しく解説します。大切な人の最後の思い出を美しく形にするためのアイディアをご覧ください。

遺影に適した写真とは

遺影に適した写真を選ぶことは、故人をより深く偲び、感謝の気持ちを表す手助けとなります。では、どのような写真が遺影に適しているのでしょうか。

顔がはっきり写っている写真

遺影写真には、故人の顔がはっきりと写っていることが重要です。笑顔や真剣な表情、自然体の写真が感情を豊かに伝えるのに適しています。

自然な姿勢と表情の写真

故人がリラックスした自然な姿勢で写っている写真が遺影にふさわしいです。強制されたポーズや緊張した表情よりも、日常の姿を捉えた写真が人柄をよりよく表現するでしょう。

葬儀の雰囲気に合った背景や服装の写真

葬儀の雰囲気に合った背景や服装を選ぶことも大切です。普段着や好きな服装で写っている写真が、その人の個性や好みを表す手段となります。背景はシンプルで故人を引き立てるものが好まれるでしょう。

祭壇用の遺影写真に最適なサイズ

祭壇用の遺影写真は、葬儀の会場に設けられる祭壇に飾られます。参列者全体が遺影を見ることができるよう、比較的大きなサイズが使われます。四つ切りサイズやA4サイズが一般的です。これにより、遠くからでも故人の顔をはっきりと見ることができ、思い出を共有しやすくなります。

焼香台用の遺影写真に最適なサイズ

焼香台用の遺影写真は、故人の家族や親しい人々が日々の思い出を胸に偲ぶために飾るものです。焼香台や仏壇に置くことを想定しており、比較的小さいL判サイズやキャビネットサイズ、2Lサイズなどが一般的です。こちらは、家族や親しい友人が近くで故人を偲ぐ際に適しています。

遺影に使える写真がないときの対処法

葬儀において、遺影はその人の人生や思い出を振り返る手がかりとなりますが、生前に遺影用の写真を用意していなかったり、急な不幸に見舞われたりすることもあります。遺影写真がない場合の対処法をご紹介しましょう。

葬儀社に相談する

遺影に適した写真が見つからない場合、葬儀社に相談することをおすすめします。葬儀社は遺影の準備に関する豊富な知識と経験をもっており、遺影用の写真の選び方や修整の方法についてアドバイスしてくれることでしょう。

過去の写真を使って合成写真を作る

遺影は、故人の過去の写真から、合成写真を作成することができます。顔がはっきり写っている写真を選び、背景や服装などを調整して遺影らしいものに仕上げることができます。

証明写真を使って合成写真を作る

遺影は、故人の免許証やパスポートの証明写真を利用して、遺影写真を合成することができます。顔がクリアに写っているため、自然な遺影が作成できるでしょう。

人から譲ってもらった写真を使って合成写真を作る

友人や家族のスマートフォンやデジカメの写真を集めて、それらを合成して遺影写真を作成する方法です。故人が楽しい瞬間を過ごしている写真を選ぶことで、その人の笑顔や人柄を引き出すことができます。

似顔絵を検討する

遺影に適した写真がない場合、似顔絵を検討することもひとつの方法です。専門の葬儀社や画家に依頼して、故人の特徴や個性を捉えた似顔絵を描いてもらえます。元の写真がなくても、似顔絵を通じて故人の姿を表現できるでしょう。

遺影がなくても葬儀は行える

遺影がなくても葬儀を行うことは可能です。遺影はひとつの手段に過ぎず、ほかの方法を通じても故人を偲ぶことはできます。写真の代わりに映像や音楽、エピソードの共有などを通じて、故人の人生や影響を感じることができるでしょう。大切なのは、家族や参列者が心から故人を思い出し、共に感謝とともにその人を送ることです。

遺影に使う写真の選び方

遺影は故人の思い出を尊重し、葬儀や偲びの場で重要なアイテムとなります。適切な写真を選ぶことは、故人の人生や個性を正しく伝えるために欠かせません。以下は遺影に使う写真を選ぶ際のポイントです。

その人らしさが伝わる写真

遺影写真は故人の個性や特徴を表現するものです。笑顔や真剣な表情、趣味や活動をしている姿など、故人のその人らしさが伝わる写真を選びましょう。家族や友人が共感する写真を選ぶことで、故人をより深く偲ぶことができます。

ピントが合ったクリアな写真

遺影写真は拡大されることが多いため、ピントが合っていてクリアな写真を選ぶことが重要です。顔や特徴が鮮明に表現される写真を選び、ぼやけた部分が少ないものを選んでください。

直近の写真を選ぶ

遺影は故人の最後の姿を伝えるものでもあります。できるだけ直近の写真を選ぶことで、故人のそのときの様子や表情を反映できるのです。故人が闘病中であった場合や施設に入所していた場合でも、元気な頃の写真を選ぶことで、故人の在りし日の印象を残すことができます。

親戚や友人と共有

家族以外の親戚や友人がもっている写真も利用することで、より多面的な故人の姿を遺影に反映させることができます。特別な瞬間や活動の写真が、故人の多彩な人生を表現する手助けとなるでしょう。

まとめ

ここまで、遺影にふさわしい写真の選び方と、遺影に使える写真がない状況に対する対処法について解説しました。適切な写真は故人の個性を引き出す際に欠かせず、ピントや表情に注意が必要です。しかし、突然の不幸に見舞われ、遺影用の写真がない場合、悩むこともあります。そうした場合、家族や友人と連携して似顔絵の制作や写真の修整を検討することが解決策としておすすめです。ぜひご紹介した内容を参考にしてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

葬儀においての平服とはどのような服か知っていますか?喪服には略式の「平服」や厳粛な「喪服」など種類があり、その選び方には心構えが求められます。大切な故人に最後のお別れを告げる際、適切な服装は
続きを読む
遺影にふさわしい写真を見つけるのは時に難しい場合もあります。そこでこの記事では、故人の個性や思い出を引き立てる写真選びのポイントをご紹介。また、遺影に使える写真がないときの対処法や遺影の選び
続きを読む
葬儀のとりおこないには、日によって様々な考慮が必要です。日本の伝統的な六曜もその一つです。本記事では、葬式と六曜の密接な関係性について探求し、大切な人を送る際の適切な日選びのポイントを解説し
続きを読む
葬儀関連コラム